医薬発展向け動物実験・研究支援-ハムリー株式会社 ハムリー株式会社のホームへ


ハムリー代表取締役
  近年、医学、薬学、畜産学は分子生物学、遺伝学などの目覚しい発展と技術革新を受けて著しい進歩を遂げました。それとともに実験動物もこれまでのマウス・ラットからイヌ・サル・ブタなどの大型動物や遺伝子操作動物に対するニーズが高まるとともに、より精度の高いデータを得るために、これら実験動物の高品質化や優れた飼育管理技術、実験手技が求められています。また動物実験施設の進歩もめざましく、GLP対応施設やAAALAC認定施設など、ハード・ソフト両面の充実と、これらの施設の質の高い運用(受託業務)も求められています。
 このような広範なユーザーニーズに応えるため、私たちは、創業以来サル、イヌおよびトランスジェニックマウスなどを中心とした飼育管理技術、実験手技および動物実験施設の運用(飼育管理、施設管理)をもとに新薬開発にかかわるテクニカルサービスなどを行い、今日まで社業は順調に発展して参りました。これも皆様のご支援、ご指導の賜物と厚くお礼申し上げます。
 21世紀において私たちは、さらに技術の研鑽に努め、ノウハウを高めて、広範なニーズに応えるとともに、社会に貢献すべく努力をしてまいりますので、これまで以上に皆様のご支援、ご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

代表取締役 鈴木照雄



Copyright since 2000 Hamri Co., Ltd. All Right Reserved.